座椅子とは

座椅子は、床や畳の上に座る際に脚やお尻が痛くならないように、脚やお尻の下に置くクッションのこと。

座椅子のサイズは大抵、厚さが数センチで、一辺が数十センチで、ほぼ正方形のものが多い。
座椅子の大きさによって呼び名が異なることもある。

43センチ×47センチの座椅子は茶席判と呼ばれる。
51センチ×55センチの座椅子は木綿判と呼ばれる。
55センチ×59センチの座椅子は銘仙判と呼ばれる。
59センチ×63センチの座椅子は八端判と呼ばれる。
63センチ×68センチの座椅子は緞子判と呼ばれる。
67センチ×72センチの座椅子は夫婦判と呼ばれる。

一般的に使われている座椅子は、銘仙判と八端判である。

日本では座椅子は非常に歴史的なもので、鎌倉時代頃から使われていたとされている。 江戸時代中期になると、座椅子は現在の形になり、庶民に広く親しまれるものになった。
座椅子は権力の象徴として、昔は使われており、僧侶などが高僧に使うものであった。

座椅子は現在、一般家庭では二つに折って枕の代わりに、座椅子の上に乗せるなどの用途がある。 頭の上に座椅子を乗せ防具として活用することもある。

「笑点」というテレビ番組の大喜利というコーナーでは、面白い、うまい解答をした場合に座椅子がもらえる。