椅子の種類

椅子には様々な種類があり、ただ座るものもあれば、特殊な機能を兼ね備えたものも存在する。

一般的な椅子では、安楽椅子、事務用椅子、パイプ椅子、ひじ掛け椅子、ソファー、ベンチなどがある。
特殊な機能を持った椅子としては、ロッキングチェアや、車いす、マッサージチェアなどがある。

ロッキングチェアは、椅子の脚の接地面が湾曲上であり、重心を動かすと椅子が前後するようになっている。

車いすは、歩行が困難な人用に開発されたもので、進行するために両側の車輪に手押し車がついた椅子である。 車いすは大抵、折りたたむことができる。 軽量化を図るために、車いすは、金属を用いられることが多い。

マッサージチェアは、マッサージ機能が付いた、椅子の総称である。

電動モーターが、椅子の背もたれに内蔵され、指圧球が上下に動き、筋肉の凝った部分をほぐす効果がある。

近年では背中のマッサージ以外にも、足用にフットレストにマッサージ機能がついているのもがある。

プログラムされたマッサージメニューを自分で選び、肩、腰、足など選んでマッサージを受けることができる。

マッサージチェアのメーカーによっては心拍数に合わせてマッサージを制御する機能もある。

椅子は、空気椅子などの言葉として使われることもある。 空気椅子は、大腿筋を鍛えるために仮装の椅子に座っているかのように腰を落とす、ことである。