椅子とは

椅子とは、人が座る際に使う道具のことで、家具の一種になる。

基本的に椅子は、4本の脚、背もたれが付いていることが多い。v 人の足を直角に曲げた際に、椅子の座る部分がちょうどお尻に当たるぐらいのものが多い。 床から立つよりも、椅子から立つ方が楽である。 椅子にはしばしばひじ掛けも付いている。
v 椅子は、物、場面によっては特定の身分の人の地位を象徴するものにも使われる。 椅子は休息するためと、作業をするために使われる。 椅子にはたくさんの種類があり、ソファー、パイプ椅子、ベンチ、事務用椅子など様々である。

ソファーは、主に接客目的で作られた、弾力ある素材で作られた長椅子である。
ソファーの素材は、布や革があり、最近では家庭にソファーを置く家庭が増えてきている。

ソファーベットと呼ばれる、ソファーの背もたれを倒してベットとして使えるものもある。 ソファーの中にもカウチソファーと呼ばれるのもありカウチソファーはソファーよりも小型で家庭で使われる。 一般的に家庭で使われるソファーはカウチソファーである。

パイプ椅子は、鉄製のパイプとクッション材を合わせた椅子である。 パイプ椅子は安価で、折りたためるものを指す。 基本的にパイプ椅子は、イベント事など、大量に椅子が必要になったときなどに使われる。